不用品回収されたもののリサイクル、処分方法の説明です。沖縄からっぽサービスでは3Rに則り適正に不用品の処分に取り組んでいます。

不用品回収の沖縄からっぽサービス
不用品回収の沖縄からっぽサービスへのお問い合わせは0120-947-765 クレジットカードでのお支払いにも対応しております
【新型コロナウィルス対策実施】
コロナウィルス対策のため、 お客様宅訪問時のアルコール手指消毒とマスクの着用、トラックのアルコール消毒を徹底しております。
また勤務時にスタッフの体温チェックを行っております。

回収された不用品のリサイクル

回収された不用品は様々な加工技術で再資源化されていきます。しかし、分別などが不十分だと利用出来ないもの、汚れていると破棄するしかないものなどもあります。また再利用しようとすると、人手と労力と莫大なお金もかかってきます。なので、使える物は使えるまで使う、不用な物は買わない(ごみを作らない)、捨てる時は徹底的に分別するなど一人一人のごみを減らす努力が大切になってきます。しかしそれだけのもの分別、処分をするとなると大変です。沖縄からっぽサービスならそんな分別も安心してお任せいただけます。

不用品のリサイクル・処分方法

<サーマルリサイクル>
廃棄するしかないものを焼却して、その熱量をエネルギーとして利用すること。
ダイオキシン対策を伴う施設でサーマルリサイクルすることは、埋め立てごみの量を減らし、プラスチックは燃やすと高い熱を出すため、廃棄物から熱エネルギーを回収するなど大きな役割を占めつつあります。
たとえば、ごみの焼却熱を熱源にして、温水を沸かし、事務所や住宅、近隣施設の風呂や温水プールで活用することができます。ごみの焼却時に発生する蒸気は、発電や各種施設での暖冷房など幅広く活用することができます。
<マテリアルリサイクル>
材料リサイクルとも呼ばれており、ごみを原料として再利用することで、使用済みのプラスチックを溶かしてから、再びプラスチック製品に再生して利用することなどをいいます。ペットボトルや発泡スチロールなどは主にこの方法でリサイクルされます。
廃棄物になったものの中から有用物を取り出して回収し、原材料として再資源化すること。
<ケミカルリサイクル>
使用済みの資源をそのままではなく、化学反応により基礎科学原料に戻してから再利用することをケミカルリサイクルいいます。可燃性の廃棄物を固形燃料に加工したり、熱処理により発生する可燃性ガスや可燃性油を利用したり、プラスチックなどは炭素と水素からできていいるので、プラスチックの性質を利用し油化、溶解、ガス化、熱分解などにより、もとの石油や基礎化学原料に戻してから、再生利用したりもします。

ここに紹介したリサイクル方法はごく一部で、他にも様々な方法でごみは処分されていきます。技術がこれだけあっても最終的に、リサイクル出来ない物は燃やされたり、埋め立てされていきます。ごみを出さない(作らない)ことが一番大事ですが、出てしまったごみを出すときはきちんと分別する事が大切です。
不用品回収の沖縄からっぽサービスへのお問い合わせ